スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【DEEP】韓国最強戦士キム・ドンヒョンが王者・長谷川秀彦に対戦要求!

DVD DEEP THE BEST 2006
 7月24日(火)東京・大久保にあるDEEPオフィシャルジムにて、CMA本部主催・DEEP事務局協力「CMAフェスティバル2~美濃輪育久デビュー10周年記念大会~」の一夜明け会見が行われ、CMA諸岡代表、キム・ドンヒョンが出席した。

 昨日の大会を振り返り「一つは約束を守ることが出来たと思います。それは美濃輪に韓国で最強のミンソクをぶつけられたことです。月曜日ということもあって、お客さんの足は遠のいたけれど、第1試合から熱い試合が続き、選手には感謝しています」とCMA諸岡代表。

 今後の展望として「11VS11という大規模な対抗戦は年に1回として、あとはDEEPさんでやってもらえたらなと(笑)。昨日の大会に出た選手で言えば、メインのミンソク。彼はパンクラスを辞めた直後の美濃輪に似ている部分があって、何とかチャンスを与えたい。

 また濱田順平に勝ったヤン・ドンイもいい選手です。これからDEEPのタイトルを根こそぎ韓国に持ち帰るために、刺客をどんどん送り込みますよ」と、韓国人選手によるDEEP王座総獲りを宣言した。

 そして現在タイトルに最も近いとされているのがドンヒョン。昨年5月の日本デビュー以来、無敗記録を続けるドンヒョンは、昨日の大会でも本来は一階級上の前島行晴(CMA戦)を左ストレート一撃で葬り去っている。
最新北田俊亮情報は・・・北田俊亮ランキング



 諸岡代表と共に会見に出席したドンヒョンは「昨日は試合が短くて、準備した成果を出せませんでした。次の試合では練習の成果を出せる試合をしたい。僕は今6連勝中、チャンピオンの長谷川選手に挑戦する資格はあると思います」と、長谷川への挑戦をアピール。

 諸岡代表も「本人の希望もあり、ドンヒョンに長谷川選手と試合をやらせて欲しい。長谷川選手に限らず、ドンヒョンは誰が相手でも勝ちに行きます。もしドンヒョンの直訴に対して、いい返事がもらえればドンヒョンは必ず勝ちますよ」と、ドンヒョンの対戦要求を後押しすると共にドンヒョンの勝利を誓った。

DEEP事務局
「DEEP31 IMPACT」
2007年8月5日(日)東京・後楽園ホール
開場17:30 開始18:30

<追加対戦カード>

横田一則(GRABAKA/DEEP第3代ライト級王者)
VS
アンソニー・マグデビット(アメリカ)

白井祐矢(TeamM.A.D.)
VS
瓜田幸造(掣圏会館)

村田龍一(吉田道場)
VS
大類宗次朗(SKアブソリュート)

高森啓吾(SAMURAI SWOAD)
VS
ヤン・ドンイ(CMA KOREA)

<決定対戦カード>

▼DEEP女子ライト級タイトルマッチ
渡辺久江(フリー/DEEP女子ライト級初代王者)
VS
MIKU(クラブバーバリアン)

今成正和(Team-ROKEN/DEEP&ケイジレイジフェザー級王者)
VS
キム・ジョンマン(CMA KOREA)

Barbaro44(クラブバーバリアン)
VS
石川 真(PUREBRED大宮)

山崎剛(GRABAKA)
VS
北田俊亮(パラエストラ千葉)

川口雄介(BLUE DOG GYM)
VS
IRO関(フリー)

<出場決定選手>
長谷川秀彦(SKアブソリュート/DEEP第2代ウェルター級王者)

(引用 livedoorニュース)


DVD DEEP THE BEST 2006


◆北田俊亮関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆北田俊亮関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

2007年07月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。