スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Webサイトのページ不良率、東京はブービー賞

CMS構築成功の法則
 インフォ・クリエイツは9月4日、Webサイトの文字を拡大したり音声で読み上げたりできるWebブラウザ「やさしいブラウザ」がWindows VistaやInternet Explorer 7に対応したと発表した。併せて、全国47都道府県のWebサイトのJIS対応度合いランキングを発表した。

 やさしいブラウザは、日本IBMが開発した「らくらくウェブ散策」をベースにaspサービス化したもの。ユーザーは無料でダウンロードして利用できる。やさしいブラウザでWebサイトを閲覧した場合、高齢者や視覚障害者向けの「Webサイトの文字・画像拡大機能」や「音声で読み上げ機能」、色覚障害向けの「色の変更機能」などを利用することができる。
 企業側がやさしいブラウザ対応のWebサイトを構築したい場合には、まず既存のWebサイトをやさしいブラウザで閲覧できるように、Webサイトのガイドラインである「日本工業規格(JIS X 8341-3)」に対応させたうえで、同社と契約する必要がある。
最新aspサービス情報は・・・aspサービスランキング

音声読み上げWebブラウザでは、「タイトルから読み上げる」や「画像はalt属性を読む」といったルールが存在する。そのため、このガイドラインでは、「Webページには必ずタイトルを付ける」や「画像にはalt属性などを用いて説明文を書かなくてはならない」といった規則を設けた。

 インフォ・クリエイツでは、JIS X 8341-3に則したWebサイト作成を推進するため、2001年から全国都道府県のWebサイトなど1000以上のWebサイトを診断。今回、2006年におけるJIS診断結果のうち、問題があるページの割合が多い「ページ不良率ランキング表」と、問題のあるファイル数を数えた「問題ファイル数ランキング表」を発表した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


ネットショップ・オーナー 開業ガイドブック付き


◆aspサービス関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆aspサービス関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

2007年09月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。