スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

[CNET Japan] ヴイエムウェア、次世代仮想化技術を実演

【1円スタート】【雑貨屋エルム】◆録画OK◆PC用USBワンセグチューナー/LC-1SEGU
 サンフランシスコ発--VMwareは、運用しているサーバが障害に陥った場合にどのようにコンピューティングサービスを提供し続けるかという、長らくシステム管理者を悩ませてきた問題に対していくつかの新しい解決策を提示している。 仮想化と呼ばれる技術によって、電子商取引やクレジットカードの決済といった、非常に重要な業務を担うサーバやハイエンドシステムが変わりつつある。EMC傘下にあり、仮想化技術分野の覇権によって売り上げを急成長させるとともに鳴り物入りで新規株式公開(IPO)を実現させたVMwareが、いわゆる高可用性問題に対する解決策として仮想化を利用しようと考えるのも当然である。 VMwareの主任科学者で共同創設者のMendel Rosenblum氏は、米国時間9月13日に当地で開催されたVMwareのVMworldカンファレンスにおける講演で、電子メールソフトウェアを動作させている2台のサーバをロックステップ方式で並行して動作させるデモを実施した。
最新microsoft情報は・・・microsoftランキング

Rosenblum氏が1台目のサーバの電源を落とすと、わずかな遅延時間で2台目のサーバがタスク引き継ぎ、ちょうど中断された箇所から実行した。これがVMwareの仮想化技術の新機軸である。 現在では専用のハードウェアやソフトウェアによって高可用性を実現しているが、Rosenblum氏は仮想化によって高可用性技術がより一般的になると述べている。「すばらしいのは、どんな作業負荷でも動作する点だ」 この高可用性技術は、現行のVMware Workstation製品に実験的な機能として搭載されているプログラマー向けの「リプレイ」機能を拡張したものだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


FS2004 リアルアドオンシリーズ「孤高の翼 YS-11」発売!エアロシム 孤高の翼 YS-11


◆microsoft関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆microsoft関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

2007年09月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。