スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Intel、45nm製品の11月12日投入を正式発表

いーぐる⇒ 【19インチサーバーラック(受注生産)】 SANWASUPPLY CP-SV7090M
 Intel Developer Forum(IDF)において、Intelは同社が今年(2007年)の後半にリリースを計画している、ハイエンドゲーマー向けデュアルCPUソケットプラットフォーム“Skulltrail(スカルトレイル)”や、2008年の後半に出荷を計画している新アーキテクチャCPU“Nehalem(ネハーレン)”の実働マシンやCPUなどのほか、同社のCPUロードマップなどを公開した。

●1.6GHz FSBを利用したPenrynコアのCore 2 Extremeとの組み合わせで利用可能

 Intelは、今年の後半に開発コードネームでSkulltrailと呼ばれるプラットフォームを投入する計画を持っている。Skulltrailは、Intelが春のIDFで計画を明らかにした製品で、ハイエンドゲーマー向けに、2つのCPUソケットを備え、4つのPCI Express x16スロットを備えた製品となっている。
最新サーバー情報は・・・サーバーランキング

昨年AMDがリリースしたQuad FX(4x4)のIntel版と言えば、最もわかりやすい説明だろう。

 Skulltrailのチップセットは、同社がワークステーション向けに開発したSeaburg(シーバーグ)が利用される。Seaburgの特徴は、最大で1.6GHzまでクロックを引き上げることが可能なFSBを2つ備えている。このため、2つのCPUソケットはチップセットとポイントツーポイントで接続されるため、いわゆる共有バスに比べるとチップセットとCPUの間にそれぞれ十分な帯域幅が確保されるのがポイントになっている。

 なお、利用できるCPUは、45nmプロセスルールで製造されるPenrynコアを採用したCore 2 Extremeシリーズとなり、FSBは1.6GHzとなる予定だ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


いーぐる⇒ 【19インチサーバーラック(受注生産)】 SANWASUPPLY CP-SV7010M


◆サーバー関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆サーバー関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません



スポンサーサイト

2007年09月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。