スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【トレビアンGAME】初代『FF』の飛空艇はファミコンの限界を越えていた!

でんすけ⇒ メ在庫30台以上 密閉型インナーヘッドホン【密閉型インナーヘッドホン】 AUDIO-TECH...
いまや世界的に大ヒットをしているテレビゲームソフト『ファイナルファンタジー』(以下、FF)シリーズ。その一作目が発売されたのが、いまから約20年前の1987年12月18日。今年で生誕20周年を迎えるだけでなく、プレイステーション3用ソフトとして次回作『FFXIII』の発売を控えている。

そんな『FF』シリーズの醍醐味といえば、高速移動で大空を駆け巡る飛空艇の存在だろう。ファミコン版の一作目となる『FF』ではじめて高速移動の飛空艇を体験したプレイヤーは、そのスピードと爽快感に驚いたはずだ。ストーリーを進めずに、ずっと飛び続けていたというプレイヤーも多くいたことだろう。

だがその飛空艇のスピード、実はファミコンの性能では実現が難しく、本来出せるはずがないスピードなのだという。
最新CGI情報は・・・CGIランキング

では、どうやってあのスピードを実現したのか? 逸話によると、あのスピードは「ファミコンのバグを利用」していたのだという。つまり、バグを逆手にとって、ゲームのシステムとして組み込んでしまったというわけだ。

ファミコン版『FF』シリーズを担当したプログラマーのナーシャ・ジベリは“バグの達人”とも呼ばれ、彼のウィキペディアには「『FFIII』が他機種に移植されない理由は、ナーシャのプログラムがあまりに高度すぎて誰も手が出せないため」と書かれているほどの天才肌だったという。

彼のことを知るプログラマーのS氏によると、ナーシャ氏は「日常的に“ヘェ~イ♪ みてみて~”って新しいバグをゲームに組み込んでは同僚に見せて驚かせていた」とのこと...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


でんすけ⇒ MC型モノラルカートリッジ【MC型モノラルカートリッジ】 AUDIO-TECHNICA AT33MONO


◆CGI関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆CGI関連の無料のレポート情報
【再配布権付】チェック5分、再配布権付レポートを半永久的にGET

アフィリエイトの特典などに使える再配布権付無料レポート

皆さんどうやって探していますか?

いい加減めんどくさくなって、

Leeに頼んで、簡単に見つけれるようにしてもらいました。

しかも、半永久的に使えます。




100年前から伝わるダイレクトマーケッティングの真実

ヤニクシルバー。若干33歳にしてインターネットマーケティング・インフ
ォメーションビジネス・ダイレクトレスポンスマーケティング業界のリーディ
ングエキスパートとして世界中に知られている。インターネットでビジネスを
展開するものでその名…





スポンサーサイト

2007年10月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。